有効活用

土地有効活用とは

一般的に建物を建てるだけが有効活用ではありません。その地域や現況を踏まえて活用する必要があります。大切な土地を活用し、その価値を最大限に発揮させるために、オーナー様の立場で土地を多角的な視点から分析し、その土地の潜在能力を引き出すことが重要です。弊社では空地・空き家の不動産有効活用をお考えのオーナー様へ、ご要望に沿った提案を行います。

不動産有効活用例

・土地の有効活用(建築・コインパーキング・サブリース〔一括借上げ〕等)
・賃貸マンション・アパート・貸家・テナントの企画・交渉・建築・施工管理
・借地借家の権利関係の調査及び整理

コインパーキング・貸倉庫事例

不動産有効活用比較

比較事例
1.アパート経営
収益性
リスク
維持費
適正なプランニングを行なえば、入居率が安定し収益が見込まれます。ただし収益性やリスク等、様々な要素を考慮し比較検討が必要になります。相続税評価の軽減など節税対策にも有効です。
2.駐車場経営
収益性
リスク
維持費
駐車場は、開業コストが比較的安価です。但し固定資産税の評価は更地評価となります。土地形状や立地等により、コインパーキングも有効です。
3.借地・建貸し
借地収益性
リスク
維持費
建貸し収益性
リスク
維持費
幹線道路など交通量の多い道路沿いでは、借地または建貸しによる商業店舗として土地活用が考えられます。借り手のテナントの選別や賃料等を慎重に検討する必要あります。
4.売却する
収益性
リスク
維持費
ご事情により売却する場合、その後の維持費のコストは掛かりません。ただし売却益がある場合は譲渡税が掛かります。
5・現状維持
収益性
リスク
維持費
但し、空き家の場合は、火災や老朽化による事故などのリスクが生じます。
上記事例は、各不動産の諸条件により収益性・リスク・維持費に変動が生じますので、ご留意下さい。
PAGE TOP